墓石のクリーニング

意外ですがお墓を購入して、その中に故人の骨を納骨しただけでは完璧な墓ではないのです。墓石に故人の魂が入っていないためです。納骨の儀式を行なうのと同時に、故人の魂を入れる法要を行い墓石に魂を招き入れる必要があります。単なる儀式ですが、故人の新居ができあがったお祝いの儀式でもあります。普通は参列者を集めて法要をとり行います。
書き入れる書体は自由に選択できるようになっているのです。墓石を購入する場合には本体に苗字などの文字を書き入れることになりますが、入れる書体により見た感じも変わるので、適当に選ばないで、できるだけ慎重に選ぶようにすることで将来的にも後悔するということもなく、最高の墓石が出来上がるようになります。
一度買えば半永久的に使うことができるとされているのが墓石なのです。万が一人類が滅びても石は永遠に残ると言われているもので、他の原料でそのようなものはまずないだろうと考えられているのです。とは言っても何もしないと痛んでしまうので、長期間きれいに保存したい人達は、できるだけクリーニングを行うことを心掛けて下さい。

年に何回かでもお墓は清掃をしないと、どんどんくすんでいきます。墓石は雨や風にさらされています。大雨が降って濡れたところへ、風がほこりを飛ばしてくると、石が真っ黒になってしまいます。1年のうちに最低でも2回くらいは足を運んで、お墓の石を雑巾で拭ってあげるといいです。
花立や拝石とか、墓石を買うと言ってもたくさんのものが必要です。付属品を入れて墓石を買うということになるので、どこまで必要なのかをしっかりと業者と話し合って、予算を立てるようにして下さい。しましょう。墓石だけを注目して選んでも予算に合わないことはいつものことなので、注意して下さい。
墓石の真下には普通、納骨室があり、その空間に骨を入れます。その作業自体を納骨と呼んでいますが、四十九日に納骨を行なう人が一般的です。仏式と神式、キリスト教形式など宗教ごとに納骨のセレモニーも違います。自分に当てはまる方法をチェックしてください。何にせよ石材店、墓所には納骨の日をあらかじめ報告しておきましょう。

巻き石には多くの形状のものが造られているので、販売先だけに任せることはしないようにして、購入する方が形状を選択してみればいいでしょう。お墓を買う際には墓石だけを見るようにして注文してしまう人もいるのですが、巻き石を違うものにするとかなり見た感じも違ってくるために、思い入れがあって購入する場合は、巻き石とかそれ以外の付属品にも注意を払うようにするといいと思います。
住宅を同様に墓石も設置する向きが重要になると言われているのです。わずかな場所にお墓を建てる時には方向は自然に決まってしまうということが多いのですが、広いところに設置する際には、一番良い方向にすることをおすすめします。どうしていいか判断できない人は石材店に相談しましょう。

当社で施工した墓石は長期保証をつけさせて頂いております。 当社は建墓後におきましても、お墓の引越しやリフォームなどのアフターサービスも行っておりますのでご用命くださいませ。 当社では各種ポイントサービスもご利用いただけるカード決済を取り入れました。是非ご活用下さい。 お墓を自宅の近くに引っ越したいという方向けの情報ございます。 墓石のお見積なら美郷石材

Go back to top