墓地使用料

意外に歴史の浅い墓石です。元は日本の列島には存在しなかった文化なのですが、平安時代になって仏教文化の流入と共に墓石の考えも生まれました。しかし、庶民が故人の墓石を作るようになった時代はずっと下って江戸期です。ちなみに今の西欧式の墓石が現れた時代は第二次世界大戦以後です。
浄土宗や臨済宗ら数多くの宗派というものが存在しますが、宗派によって墓石に刻む文字などが異なってくるものなのです。けれども親から墓石を引き継がないという場合は宗派を持っていない人も多く、そういう人達は墓石に自分の好きな文字などを書き入れても構わないのです。この頃は自分が他界する前に準備しておく方も増えていて、好みの文章を入れることもあるのです。
今では数多くの形状の墓石がありますが、やはり最も多いのが和風のものになってきます。これから先は予想できませんが、これまでは大部分の墓石は和型で、他の形状のものは我が国では想像できなかったので、前からのものが今後も残されることとなるので、お寺に行けば和風の墓石を一番見かけることになっているのです。

これまでは和型の墓石しかなかったということで、自然に選択肢は1個だけとなっておりましたが、今では様々な形状の墓石が販売されていて、人気が出てきているのが洋型の墓石となるのです。寸法的で言うと普通は和風の墓石よりは小さくなりますが、見た目が今風で若い人達にはかなり評判みたいです。
大ざっぱに分類した場合、墓石作りに必要な費用は3種類になります。墓石本体の費用にプラスして墓地の使用料、管理費の3種類になります。ちなみに墓石の費用も3つに分かれ、石の費用、柵や納骨棺などの代金、施工費の3種類になります。こういった費用を総計し墓石の総額が出てきます。
墓の石に向いている材質は、頑丈で風化にも強く変色しにくい特徴を持った石だと言われています。ちょっと前までは故人の住んでいる土地の周辺で採取された石材が墓石作りに利用されていましたが、現在は海外産など廉価な輸入の石材も用意されています。家族全員で相談しながら石材の材質を決めると後味がいいです。

墓石とは故人の氏名などを刻んで、遺骨の上に立てる石を言います。最近は背の低い洋風の墓石が主流となりつつあり、料金も安いので皆に選ばれていますが、何であれ墓石に故人の名前や命日などが彫り込まれます。同じ墓に後から人間が入ったら、墓石のどこかに新たに故人の名前が掘り出されます。
可愛いペットのお墓を建てる人がかなり増えているようです。最近では一生独身の人が多くなっていることもあり、家族としてペットを可愛がると言う人が急激に多くなっていて、そのことがあり可愛いペットが死んだ際にはかなり悲しがるという場合が多くいて、忘れないようにするためにも墓石を購入するようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*